Category:才女の品格
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 コメントは受け付けていません | トラックバックは受け付けていません
最近、空の色と心の感じが妙にシンクロしております。

人のある有り様を見たり人の考えに触れる事で、
またさらにそれらが「ぐぅ」っと自分の腹の底を
掻き上げる様な感じさえしますね。

先日NHKで吉本隆明さんの講演をみました。再放送で以前もみましたけど。

あれでわかったのは、だれもが「そうだろうな」って思っている事を
誰もがわかる言葉で伝える事が出来る人が、ああいった立場の人になるんだなと
おもいました。

言葉にはいくつかありますね。

書く言葉、読む言葉、聞く言葉、話す言葉…いろいろありますが、
これらはすべて属性がちがいますね。

人間てのは多分、自分に合う方法で言葉を自分に取り込んでいく訳です。

でも、なんでも良いってわけじゃないです。

大変良く考えられた言葉だったり、絵画的に表現する言葉っていうのが
やっぱり読むに値する…いや、言葉として必要なんだとおもうのです、栄養として。

そんなもやもやな毎日を営んでいたなかで、ある日一個人としてインターネットを通じて
くすきはいねさんのブログをみました。

以前もその人のブログについて…名前は出さなかったですが、書いたと思います。
「空が良い」的な事を書いていたと思います。よかったら記事を色々よみかえして
みてくださいな。

…ちょっと横道にそれてしまいましたけども…

で、くすきさんていう方は、良く考えた言葉を練り直し、
それをまた自分の中に戻すような作業をしている様な方
なのかなとおもっていました。

そして、ご縁があってインタビューさせて頂く事になり、
完成原稿を拝見したらご自分の作業を「俯瞰」とおっしゃってました。

なるほど。

私は俯瞰して物を見る事ができないので、まったく世界が狭すぎて
しょうがありません。ミクロとマクロ、microとmacro…

くすきさんは愛なのでしょうか。それとも盈なのでしょうか?

今回、特別編という事で、社長さんではないけれど自分の力で頑張っておられる方
という事で、くすきはいねさんインタビューさせていただきました。是非どういう方なのか、どういう言葉を使われる方なのか、

よかったら是非ごらんくださいね。乱文にて。

えす。


手マーク









スポンサーサイト
【2010/03/17 17:59】 コメント(5) | トラックバック(0)
春の日差しに誘われまして、本日はまぁぽかぽかと、
人様の心の温度もまぁぽかぽかとした一日でしたね。

ある程度、ある体(てい)を守っていれば、日々なんぞそれなりに
送れるもんだと言う人がいますね。

そして、そうやって繰り返される日々は全く変化の無い日常になり下がり、
果てはそれに不満を言い出す人までいます。そういう人はこんな言葉が合言葉です。

「生きるのに意味が?」

この種の言葉は哲学ではない、単なる怠惰です。
哲学者が考える「生きるのに意味が?」という言葉とは全く異質のものです。

考えているふりをする事で、どうにかその場所にいる資格を得ている様な…
まぁそんな感じです。

生きる意味を考える時、大体死から考えるとはやく終わりますね。

なぜか?

怖くなって考えるのをやめるから。
死の先は?今の自分が無くなったら、この意識はどこへ?
今見えているものはすべてきえてどうなるわけ?

なくなるってどういう事?

…こわいですね。小学校の頃、お風呂で初めてこの事を考え、
あまりにこわいものだから発狂してしまい、ちょっとお母さんを困らせた
記憶があります。

こういった、一つの事をぐぅっと絞って考えて行く事って大事ですよね。
どんどん絞って感がえていって、ある程度答えが出る事を「考え抜く」って
いうだと思います。

あれ?でも良く考えてみたら、ぐっ俯瞰してみるってなかなかしないなって今、
思いました。

俯瞰してみるという事はどういう事かというと、
日常の自分の視点から外れて物をみるって事だとおもうんですね。

それがよくよく考えてみると自分は全くそういう見かたをしていない訳です。

あれ、どうすればいいんですかね?

ちょっと関係ない所から考えを巡らせて見ると…いや、やっぱり
元の自分の考えにもどっちゃうな…

全体を見るって!? ふわぁ…

すいません、誰かおしえてください。

ではこのへんで。

えす。

↓これおもしろいですよ。アメリカ的で。実在の大企業や自治体を「正義」の名目で騙し、果ては本当に株価とか下がっちゃいます。大好き。eiga






【2010/03/12 17:37】 コメント(0) | トラックバック(0)
明日3月6日に、東京にて
「IISIAステップアップ・セミナー」を開催いたします。

このセミナーの講師陣は、日本政治、市場動向、産業セクター分析の
スペシャリストであるIISIA調査部・研究員達です。
naitousan


各講義のトピックは、研究員自らが厳選し、
その分析手法を極めて分かりやすく語る、という内容になっています。

「明日は用事がある…」と言う方、近々、また開催しますので
ぜひご参加してみてください。

春はなぜか、習い事を始めたくなる季節。
ちょっと知的な週末を過ごしてみるのも良いかもしれませんね。

【2010/03/05 18:55】 コメント(0) | トラックバック(0)
みなさん、エコしていますか?

私などはいわゆる「エコ」はきらいですの。

今、電気店からメーカーにあるものの発注が殺到しており、
品切れも起こしているとのこと(もうひところよりは落ち着いたでしょうか)。

なんだと思います?

「エコシール」なんだそうです。

なんでもエコシールさえ貼っていれば、電気製品が売れちゃうんだそうですよ。

すごいですね。

たまりませんね。

エコってエゴでしょ?


そういう私と言えば、本日矢野研究員のビデオカメラでの収録を担当致しまして。

そして、収録する事20数分、お疲れ様という事でカメラを確認致しますと、
どうやらカメラ君は「お寝む」のご様子、待機モードになっておりましたよ。

ええ、撮れていませんでした。

たまりませんね。本当、たまりません。

矢野研究員は笑顔で再度収録してくれました。
有り難いです。

私であれば、10分間発狂し続けるんだろうなって思います。

こんな色々がおぼつかない電化製品よりも、
確実に今がわかるスクールが今週末に開催致します。

是非お越しくださいませ。

えす。

inu







【2010/03/04 22:05】 コメント(0) | トラックバック(0)
子供の頃に住んでいた地方では、
晴天のとき、人々は「今日は天気だなあ」と言っていました。

そのことを、不思議に思っていました。

天気というのは、その下に晴れや曇りや雨や雪や雷を含む
カテゴリーそのものです。

天気」という言葉が具体的な空模様を指すということは
何か変な気がしました。

けれども、みんながあまりにも自然に使うので
その言い方が好きになりました。


授業参観の時に天気について聞かれた同級生が
今日は天気です」と元気よく答え、先生が困っていたのを
覚えています。

一応学校の授業ですから、正解は「晴れ」でなければ
ならないわけですが、その場に居合わせた全員が
今日は天気です」という文の意味を完全に理解し、
しかもそちらのほうが自然な表現になっていたわけですから。

……


さて、時は流れ、或る時私はマルクスを読んでいました。

資本論』だったか、それに先立つ『経済学批判』だったか
忘れましたが、貨幣について論じているところです。

それによれば、
貨幣は具体的な商品そのものではないのだけれど、
具体的な商品と交換が可能である。


これはあたかも
ライオンや虎やウサギといった具体的な動物に交じって
「動物」という名の動物がいるようなものではないか、

というのです。

これを読んだとき、私が思い出したのは天気の話です。

天気」という天気がありうるのだから、単なる比喩としてではなく、
動物」という動物がいてもいいのではないかと思ったのでした。

……

さらに時は流れ、私はレトリックに関する本を読んでいました。

詳細は省きますが、文彩では次の三つが有名です。
すなわち、隠喩(メタファー)、換喩(メトニミー)、
そして提喩(シネクドキー)


シネクドキーについてはあまり知らなかったので
興味深く読んだのですが、それによると
提喩とは次のようなものです。

花見に行く」といいます。
けれども、ここで見に行こうとしているのは決して
チューリップではなく、桜に決まっています
この場合、花というカテゴリー(類)がその中に含まれる
桜という個物を表す効果を持っています。

また「ご飯を食べる」といいます。
けれども、ではスパゲッティーを食べたらご飯を食べたことに
ならないかというと、そんなことはありませんよね。
この場合、ご飯(=米を炊いたもの)という個物がその上位の
昼食(のとき食べるもの)というカテゴリー(類)を表すもの
となっているのです。

個物が類を表したり、類が個物を表したりすることがある。
こういう階層の意図的な上り下りが、レトリカルな効果を
生み出しています。

ここでも、やはり私が思い出したのは「天気」の話でした。
今日は天気です」というのは前者のタイプの
シネクドキーだったわけですね。

すると、ではマルクスが貨幣を喩えた、
「動物」という動物というのは何なのでしょうか。


うーむ。難しい。
暇なときにじっくり考えてみたいところです。


【2010/02/25 18:29】 コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。